スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人狼ばかり。

人狼ばっかやって演奏練習サボりまくりです。
これはヤバイ、練習しなくては!
でもついつい人狼をずるずるとやってしまうんですよね。
チャットだけのゲームだけど、人とのこういうコミュニケーションが
やっぱ面白いんだなあ、と思います。
あと経験値も全然ですが、これはまあいいです。

人狼風景。
人狼やってるときはこんな感じでいつもやっています。
チャットのログが大切なので、チャットウィンドウを大きく表示させています。
おかげで前がさっぱり見えませんが、推理したりどうやってだますかを考えるには
とても便利です。

左側にRaid,Fellowship,(+Kinship) のチャットウィンドウと
右側にSay,Emote,Tellようのチャットウィンドウで分けています。
右側の方は、主にGM,死んだときの雑談考察用に使い、
右側の方はタブを4つに分けて
全部表示 (普通の一般タブ)
Sayのみ (普段の会話。これはいらないかも)
Emoteのみ (処刑をEmoteでやるので、推理に便利)
IMセッション (TellをTellくれた人ごとに分けてる表示できる)
という風にフィルターをかけて、タブの切り替えでそれぞれを表示できるようにしています。

この辺はまだまだ使い勝手を向上させられる気がします。
どういうのが便利なのか、まだまだ試行錯誤の段階ですな。

あと戻すのがメンドイという問題点があるのですが、人狼ばかりやっているので
別にこのままでもおkです。
ただこれ前がぜんぜん見えません。
なんか面白いことやってても、ひとりだけ気づくのが遅れるのが難点といっちゃ難点です。

暇つぶし。
きゃぷがGMの時は、夜の狼会議が長いとき暇なようで
きゃぷの命令でとりあえず死体陣で踊っていたりしました。
たくさんの人が倒れている中でのダンスはなかなかシュールです。
というか、まだ生きてるプレイヤー陣にとってはいい迷惑だったでしょうが
これがいえろーなのだから仕方がありません!

へんなかお。
あとなんかすごい変な顔されました。
スポンサーサイト

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

人狼をやる。

きゃぷが人狼をやろうという提案をしてきました。
人狼とは 「汝は人狼なりや?」 というパーティゲームを元にした推理ゲームで
いろいろな派生があるようです。
主だった概要は

基本的に、数名の狼人間(人狼)と、残りの村人に分かれて遊ぶ。

村に何人か、狼人間がいて、夜な夜な村人を殺してまわっている。誰が狼人間かは判らない。村人たちは、昼ごとに会議を開き、村が滅びる前に、疑わしい者を私刑にかけてゆかなければならない。…というストーリー。

村人は、一刻も早く狼が誰であるかを、つきとめめなければならない。

狼人間は、自分が私刑にかけられないように、世論を誘導して、自分以外の村人が疑われるようにし向けなければならない。

はてなダイアリーより抜粋



とのこと。
チャットを使って人間同士でだましあいです。

僕も昔なんか調べものをしているうちにこのゲームの存在を知り、
面白そうだなあと思っていましたが、実際にやったことはありません。
なのでこれはとてもいい機会です。
もちろんこういう試みには参加ですよ!


で、4,5回やったのでしょうか。
感想としては 「すごい面白かったのでまたやろう!」 です。
しかし、まだみんな初心者のため、嘘をつこうという人がいなかったので
嘘にだまされたり、嘘を暴いたりといったこのゲームの醍醐味はまだ味わえてないです。
というか、みんな流れがわからなかった、というのがほとんどでしょうか。
なので、まずは参加するよりもネットに転がってるログを読んでおき
いったいどういう流れでゲームが進むかを知っておいた方が良さそうです。
僕が最初に見つけたのがこのへんだったので
僕もまたログを読んで勉強したいと思います。


LotRO内だけでやるのは、問題点がいくつかあります。

狼役は、相談をTellで行うため、2人以上の狼を作れません。
狼でフェローシップ組んでも、同じキンシップの人やフレンドリストに入れてしまうと、
フェローシップ組んでるかどうかばれてしまうのでだめです。
まあでも人数表を見てみると16人以上から狼の数は3人になるようなので
そこまで人数多くなるようなこともそんなないでしょうし
そこまで心配しなくても大丈夫かもしれません。

投票をするのが大変でした。同時にエモートすすでも、数秒のブランクが出てしまいます。
しかし、これは 「投票が少し遅かったから怪しい」 みたいな難癖をつけられるので
このゲーム的にはありかもしれません。
だます側はこの数秒を 「エモートのコマンド間違っちゃった」 とか嘘つけますしね。

あとGMが集計したり、話を進めていくのが結構大変だと思います。
僕も1回やってみたのですが、みごとに配役をばらしてしまいゲームをおじゃんにしてしまいました…。
わりと同時にいろいろこなせる人がやるのがよさそうです。
でも慣れれば何とかなるかな?

なんかこの際むりにLotRO内でやらなくてもいいような気もしてきました。
しかし、この制限の中でどれだけ工夫して人狼をやるかを考えるのも楽しいはずです。
LotROのシステムで使えそうなのは、他に何があるでしょうな。
UOとかはトレードウィンドウやアイテムを装備したりしてやっているようです。
試行錯誤して、うまくゲームの中だけでことが進めるようにしたいです。
これで慣れてうまくゲームが進められるようになれば、人狼のイベント開けたりしませんかね。

もっといろいろ試行錯誤していきたいです。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

トログを倒す。

少し前に行ったTower of Fangさん主催のヘレグロドですが、またあったようなのでいってきました。
入り口。
入り口です。
今回はLFFもたてて、一般の方からも募集しています。
おかげで24人全部そろっています!

トログ。
高台からトログと対峙です。
トログと戦う前にいろいろと雑魚敵の掃除が必要みたいです。
そしてどこからか手に入れてきたアイテムを使い、まあいろいろあってトログと戦うことになります。

でかい。
戦闘中。
やたらでかくて画面に収まりきりません。

攻略するのにいろいろやらなくてはいけなくて大変です。
クモのボスみたいに、放っておくと即死するのろいをかけてくるので
それを自分でアイテム使ってしっかり解除しなくてはいけません。
解除できないと、自分が即死するだけでなく、周りにいる人を巻き込んでしまうようです。

しかしこののろいを食らったことがわかりにくく、自分のBuff欄をじっくり見つめていなくてはならず
しかしそこ以外にもいろいろ目はいってしまうわけで
いきなり即死すると、自分が解除し忘れたのか、
それとも誰かののろいに巻き込まれたのか、いまいち謎でした。

倒れた。
まあでも倒せました。
というかバグってました。

死んで撤退するとインスタンスの入り口に戻されるのですが
トログと戦う場所は入り口から近いので、そのまますぐ戻ることが出来ます。
本来ならこれで戻っても、死ぬときにつくペナルティの恐怖のために
ボスに近づくとつく恐怖 + このペナルティのせいで
恐怖の数値がすごいことになり、まともに戦うことが出来ないのですが
今回はなぜかボスに近づいても恐怖を感じず、撤退ペナルティだけですんでいました。

というか、飛んだりなんか手下呼んだりというトログの動きを全然しません。
ただのでかい竜に成り果てました。

それでも即死ののろいで何回か死にましたが、戻ればおkです。
というか戻った方が気力が回復できてよかったです。

記念写真。
記念撮影しておきました。

しかしこれ他のことはともかく、即死のろいを解除するのは、全員がちゃんと慣れていないと
普通に倒すのは難しいのではないでしょうか。
簡単にレベルが上がりますし、ゲームに慣れていない人だと大変そうです。

というか僕もさっぱりです。
解除できずに回り数名巻き込んでいたんじゃないかヒヤヒヤものです。
ログ見てもわからないし、死んだときは 「あれ今の自分??」 と思う場面がかなりまりました。
どうすればいいのでしょうか。

まあクエストはクリアです。
なんか称号ゲットできました。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

君もいえろーに入らないかい。

ここ最近いえろーがかなり普及してきました。
なんかアイドルまで出来ました。
どこまで行くのかいえろーは。

君もいえろーに入らないかい。

いえろー勧誘の図です。
最初抵抗していた彼も、色々あってこの後いえろーの苗字をつけることになりました。
いえいえ、決して無理強いなどはしていません。
いえろーは健全で安心な団体なのです!

整列。
いえろーで整列です。
きいろいのが固まってるって、かなりインパクトありそうです。

できたー。
円を組んでお花をつくろう!
という話が持ち上がって円形に並んでみました。
目印があるとのことで光った僕が中心になることに。
置物ですか。
とりあえずこんな感じになりました。

花。
そのままいつづけること数十分、ここまで進化しました。
茎に葉、ちょうちょ (カラス)、夕日 (罠) まであります。
何人もの道行く人が足をとめていました。
まあこんなよくわからんオブジェがあればとまりますよな。
なかには声をかけてくれたり、さらにこのもじもじくん (もはや文字じゃないけど) に加わって
オブジェの新しいパーツになってくれる人もいました。
こんなノリのひとがいてくれて、すごく楽しいです。
こういうところでの出会いは大切にしていきたいですな。

いえろーはこれからもエンターティナーとしてやっていきたいです。
たとえこの先いえろーがヘレグレドに向かおうとも、中でやるのはかえるの歌の輪唱です。
そんな団体でありたいですな。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

レベル49に。

先日のエピッククエストの続き、というか残ったアイテムを求めてクエストをやったら
ついにレベルが上がりました。
1ヶ月ぶりくらいのレベルアップです。
赤い。
エピッククエスト以外も一緒にやりました。
というか、こちらがメインぽかったです。
昨日は他の組みが倒していたせいか気づかなかったのですが、道中に赤いナズグルがいました。
なんかかっこいいですな!
きいろいのはどこにいますか?
いてもあまりかっこよくなさそうです。

進む時。
迷子のおっさんを護衛です。
やたら 「敵に見つかった」「見つかった!」 叫んでいましたが、
この人の選んだ道ですのでどうしようもありません。
しかも 「ついて来い!」 とか偉そうなこという割には道間違えたりです。
こういう人いますよね。
サラ・オークハートといい、味のあるNPCが多いです。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

エピックを進める。

キンシップの人がエピック進めているようだったので
これはちょうどいいと、一緒にやってきました。
途中までは2人でもいけるのですが、最後は6人いないときつそうなのでLFFを出します。
が、全然集まらないのでいえろー楽団に声かけて手伝ってもらうことにしました。
これは人脈というものか!
クラス構成はCpt,Cpt,Lrm,Lrm,Mns,Mnsという3ペアーです。
普段集まりにくそうなクラスばかり揃えてかなり贅沢なフェローシップでした。

エスコート。
エピック7巻8章です。
エピック6巻から出てきたゴロディアという人を探すクエストで
ついに見つかるような見つからないようなという場面からスタートです。
護衛系のクエストなのですが、回復力のあるフェローシップだったので
ほとんど危ない場面もなくクリアーでした。

でない。
そのまま続くエピック8巻1章にチャンレジです。
このクエストでついに噂のカルン・ドゥームにやってきました。
ここにアングマールの闇がいるはずです。
まあしかし、クエストは入り口あたりで十分なので
その辺をうろちょろとしてクエストアイテムをあつめました。
アイテムはすぐ集まる人と全く集まらないひとがいて、僕は集まらない側でした。
こういう場面には何度も出くわしたのですが、自分が集まらない側になるのは初めてです。
自分だけアイテム出ずに他の人が戦ってくれているというのは、なかなか気まずいもんですな。
途中リログとか試してみたのですが状況は変わりません。
かなりの敵を倒したのですが、時間的にきつくなってきたのでこの日は諦めることにしました。

というか3つのアイテムのうち、僕だけあと1つのアイテムが1時間近く揃わないというのは
どう考えてもおかしすぎます。
まあこのカルン・ドゥームというところはクエストも多くあって、何度も足を運ぶみたいなので
日が悪かったということで次回に期待です。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

久しぶりの戦い。

近頃演奏とかばかりでまったく戦っていなかったのですが
色々と誘われたので、久しぶりにちゃんと戦ってきました。
裂け谷の坂。
いえろーのひとたちと一緒に
山脈の雷鳴と巨人のチャンピオンというクエスト終わらせました。
僕は前に終わらせていたので案内役を買って出たのですが、
土地勘はかなり自信があるのですが、3匹いるチャンピオン達の位置がいまいちあやふやでした。
しかしこれでもう場所は覚えました。
また行くことがあれば、今度こそ完全な案内ができるではずです!
まあ行くかどうかわかりませんが。
ひとりの死者も出ず、いえろー4人組でサクっとクエストクリアーです。

というか巨人の写真が1枚もありませんでした。
前に巨人のところ行ったときも何も撮らなかった気がします。
僕は実は巨人が嫌いなのでしょうか。

2人で倒せた。
フォルノストにも行きました。
なんかすごい久しぶりです。
フィルハーの人たちがアングマールのクエスト終わらせるまで
きゃぷてんとふたりで進んでいってみました。
レベル差のおかげかサクサク進むことができます。
とりあえず、ひとつめの塔のボスに挑むことに。
ヒールしようとしたら、サイレンスを食らってヒールできなくなってしまい
きゃぷてんを殺してしまったのが悔やまれます。
ああいうのは早めのヒールが鉄則なんですな。
まあでも前にとった伝説特性で生き返らせ、無事にボス撃破です。
かっこいいマントを落とすらしかったのですが、はずれでした。

このまま西門の前までふたりで進んだのですが
西門前でエリートの敵が4匹来るところが、かなり熱い戦いでした。
適正レベルより高いレベルでも、少人数で挑むのはなかなか厳しい場面が出てきて楽しいですな。
こういう2,3人でチャレンジできるダンジョンがあれば楽しそうです。

みんなで奥へ。
フィルハーの人たちと合流して先へと進みます。
鍵を使ってショートカットするのですが、4つのめの塔から3つめの塔に戻ると
途中で下の階にいる敵が反応してしまい、戦闘状態になって塔に入れなくなってしまいました。
3つめのボスは中に入れた3人で倒せたのですが、クエストを持っている人が塔に入れず、
ひとりクエストアイテムをゲットすることができませんでした。
これはな残念でした。
というか、階層が違うなら反応しないで欲しいです。

あとはかなりオーバーパワーだったのでサクっとクリアです。
レベルが高いと、人が少なくてもほとんど苦労しませんな。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

再びブリーを登り歩く。

またブリーの屋根の上を渡り歩くことができました!
再び。
イヴンディムのパッチで登れなくなったと思っていた屋根の上ですが、
まだ登ることができました!
知り合いに聞いてやってこれたのですが、こういうのってよく発見できますよね。

懐かしの南門。
南門までやってこれました。
昔はここから登れたというのに、登れなくなってしまい残念すぎます。
こういうアスレチックな要素は消さずにとっておいて欲しいです。

ここまで来るあいだ馬に乗ったジャンプを駆使してやってくるのですが、
そのひとつひとつの動作がとても懐かしいです。
まだまだ行けそうなところがたくさん見つかって
ブリーの色んなところを探りまわって行きたいと思います。

なんかこういうのってすごい楽しいです。
子供の頃、町の裏路地をワクワクしながら通ったのを思い出します。
身近な冒険って感じです。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

鶏ホッケーと氷鬼。

フィルハーモニーの人たちに混じって、夏祭りで追加された鶏ホッケーと
普段からお祭り会場の近くにある氷鬼をやってきました。
にわたりたたき。
2チームに別れ、鶏を棒で叩いて相手のゴールにいれるというルールのゲームです。
わりとルールからぶっ飛んでますが、トールキン的にこれはありなのでしょうか。

ひとりで叩いてもちょっとしか飛距離はでないのですが
数人でいちどに叩くとすごい勢いで飛んでいき、その飛びすぎる鶏の姿がなかなかシュールでした。
鶏を叩く位置がかなり重要っぽいです。
先に叩かれてしまうと、位置がずれてしまい狙った方向に全く飛びません。
鶏をすばやく、かつ正確な位置で叩くように注意するのですが
鶏自体もちょろちょろ動くのでなかなか難しかったです。

これに勝ったチームには称号がもらえます。
僕もみごと 「鶏叩き」 というひどい称号をゲットしました。

こおりおに。
鶏ホッケーは1回試合をすると、しばらくのあいだ再試合することができません。
なので鶏待ちの時間を、氷鬼でもして潰します。
ルールは、鬼ごっこエリアにいる人の中から適当に鬼が選ばれ
その鬼に触れられると凍って動けなくなってしまいます。
鬼じゃない人が近くに数秒いると、その氷は解けて、また動き出すことができます。
鬼は全員を凍らせること、子はうまく鬼から逃げ仲間を助けることがこのゲームの目的な気がしますが
基本的に何をしたら勝ちということはないので、遊ぶ人で時間制限とかつけて遊ぶとよさそうです。
ただ人数が8人くらいいたせいか、鬼がひとりだけではかなり大変ぽかったので
鬼を増やせたらいいなと思いました。

こういうゲームの進行には全く関係ないお遊びっていいですよね。
○○をしたら勝ち! とか決められていないのも、遊ぶ人が自由にルールを作れていいですな。
遊ぶ場を用意した、あとは好きに遊んでくれ、という姿勢はなかなか好きです。

バグる。
鶏ホッケーの時間が来たので、また鶏をたたきます。
しかしここでアクシデントが。
鶏が戻ってこなくなり、レフリーがずっと同じことを叫び続けるようになりました。
公式サイトでアナウンスされていたバグですな。
GMを呼んでまあ試合は再開したのですが、すぐに時間切れで試合終了になってしまいました。
点数が2対2のマッチポイントだっただけに、これはちょっと残念なできごとでした。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

フィルハー演奏会。

この日はまちにまっていた演奏家キンシップ Oフィルハーモニーさんのイベントでした!
演奏家たちらしく、音楽システムを使った演奏のイベントです。
AeglosサーバーだけからではなくNaryaサーバーからも人が来ていたようで
かなりの人数がいたようです。
途中からパソコンが悲鳴を上げていたので画質を落とすことに。
エテンレベルです。

黄色い線の内側で拝聴ください。
まずはちょっとした挨拶のあと、フィルハーモニーさんの演奏からスタートです。
普段、近くで聞いているのでアレなんですが、改めて聞いてみるとうまいですよねえ。
いつも思っているのですが、タダで聞いてていいのでしょうか。
しかも音楽を教えてもらいながらで、僕は今凄くいい環境にいるっぽいです。

フィルハーモニーさんたちのあとは、他のキンシップの人たち (一般の部) です。
こちらにエントリーされている方もうまいんですよねー。
中には演奏だけでなく笑いをとろうと手の込んだことをしたりしていて
こんな手で来るのか! とすごくびっくりしました。
こういう、人を楽しませることができるセンスを持っている人が羨ましいです。

ひとり。
というか、一般の部に僕もひとりで出演していました。
僕はいえろー楽団で合奏だけするつもりだったのですが
前日にきたご案内メールには僕ひとりの名前が発表者リストに載っているではありませんか。
こんな上手な人たちばかりな人選の中でひとりで弾く勇気はない!
と、逃げ出す気満々でフィルハーモニーの方々に出向いたところ
「おちゃさんならやれる!」 とうまくのせられてしまい、ねこふんじゃった を披露することに。

しかも順番は一般の部の1人目でした。
1人目だとプレッシャーを感じることが多いのでしょうが
こういう緊張するのはさっさと済ませたい派なので、わりとありがたかったです。

ねこふんじゃった は気づいたら終わってました。
いやもうホントそんな感じです。
気づいたら戻って客席にいました。
なんか色々喋った気もしますが、さっぱり覚えてません。
大きな失敗はしてないと思うのですが、小さな失敗は僕のことだから合ったと思います。
でも覚えてないので、だいじょうぶです。

たくさん。
いえろー楽団で出た写真がこれしかありませんでした。
というかこの演奏会ではどうも写真をあまり撮っていません。
どうでもいい時の写真はたくさんあるのに
なんでこういう大切なときに限ってこうなのでしょうか。

いえろー楽団では 「カントリーロード」 改め 「いえろーろーど」 を演奏です。
この日の為にちまちま練習してきました!
まあ本格的に練習したのは1週間くらい前からですが。
全員が違う楽器で合奏で、他の演奏者がひとりで弾いている人ばかりの中
かなり目立ったのではないでしょうか!
まあ僕は音がちょっと合ってなくて、しまったーとおおあせりだったのですが。

いえろーろーど を奏でたあとは我らいえろーお得意の かえるの歌 をけろろんと演奏です。
途中からかなりカオスな感じでしたが、一般のお客さんも巻き込んで
かなりけろけろできました!
これがいえろーの醍醐味だっ。

おしまい。
演奏会もおしまいです。
最後に表彰式がありました。
誰が1番とか、そういうのではなく、素直に頑張った人や面白かった人に
賞を渡したという感じです。
いえろー楽団はもちろん受賞し、僕もいえろーのひとりとして、舞台に上がりましたよ!

どんなものをやるのか考えて、それを実行した企画者の方々は本当にお疲れ様でした。
とても楽しいイベントでした!
こういうのの運営はとても大変なことだったと思います。
また大変でしょうが、第2回第3回とやっていってほしいですな。
微力ながら、お手伝いできることがあればいいのですが
特に何もなさそうな気もします。

もじもじ。
終わったあとはもじもじくんです (ひさしぶり)
この日は人数が多かったので、イ・エ・ロ・-の4文字を見事完成させました!
他にも☆マークをつくっていたりしたそうです。
こういうダラダラした時間は楽しいですな。

同じキンシップのSobaさんことJが、ずっと前から来なくなっていた人がいたのですが、
今回のイベントのことを知って久しぶりにやってきてくれました!
ということで、終わってダラダラ喋っていました。
今度は一緒に合奏したいところですな!
ただ彼の好きな 「冒険」 があまりなさそうなのが問題です。

花火。
残りの花火を処分です。
僕は30個ほど用意してたのですが、最初の方で使いまくってしまい
最後まで花火が持ちませんでした。
ペース配分を考えるべきでした。
花火で場を盛り上げてくれる人たちがいて、演奏の合間ばんばんばんと
なかなか盛り上がった雰囲気ができていました。
花火を打ち上げてくれていた裏方さんもご苦労様でした!


祭りの後、といいますが、こうして終わってみるとちょっと寂さを感じるのですが
思い返すと、寂しさ以上に メチャクチャ楽しかったなあ という気持ちがわいてきます。
面白さの中にいるときは気づきにくいものですが
何事でも、少し時間が経ってこう純に思えるのって幸せなことだと思います。
こういう思い出、どんどん増やしていきたいですな。
というかゲームでこんな思い出ができるとは、ちょっと思っていませんでした。

ひとりでねこふんじゃったの演奏も、昔ならまず断っていたような気がするのですが
なんかまあやってみるか、という気持ちになりました。
今は、まあ色々チャレンジしてみて楽しんでおこう、という気持ちがあるのですが
やはり ねこふんじゃった 弾いたのは、普段からこのゲームを楽しんでいるからだと思います。

というか演奏と仲間ですかね。
今までの人生で音楽なんて全く触れていなかったジャンルなのですが、
パソコンで他の人と簡単に一緒に演奏できるのってすごいですよね。
運よく一緒に遊んで楽しいと思える人たちと会うことができて
その人たちと演奏の楽しさを共有できるだなんて、なんていい組み合わせなんでしょうか。
多分みんながいなければここまで演奏にハマらなかったでしょうし、
ゲームの中に演奏がなければ、まず自分から楽器に触ってみようという気がしなかったと思います。

いいきっかけに触れました。
これからも楽しんでいきたいです。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

演奏イベントのお知らせ。

9/15 22時から οフィルハーモニー さんの音楽イベントが行われます!
Aeglosサーバーの中でもトップレベル (僕主観。でも多分そう) の演奏家さんたちが主催する音楽イベントです。
音楽に興味のある方はもちろんのこと、LotROのシステムでどこまで演奏できるのか興味ある方や
普段Naryaサーバーで遊ばれている方もAeglosサーバーの音楽家がどんなものなのか
これを機に見に来てみてはいかがでしょうか!
詳しくはコチラです! (無事終了しました!)

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

いえろースタジオ入り。

今週はずっと演奏練習です。
Bスタ。
いえろーの隠れ練習場所です。
ししょーにテオルボの弾きかたを教えてもらい、ある程度弾けるようにはなったと思います。
んがまだまだ練習は足りません。
何度かあわせて練習もしてみました。
一人でやっているときは、途中で間違えても演奏を止めて
じっくりもう1度チャレンジすることができたのですが
合奏となると、演奏は止まりません。
なので、途中で間違えるとそこから入っていけなくなってしまいます。
節目節目で覚えているので、この間隔をもう少し狭くし
失敗してもすぐまた入れるようになりたいです。
というかわりと同じことの繰り返しなので、失敗しないようになるのが一番です。
しかしメインメロディを弾いている人に比べて、僕の担当しているテオルボは
失敗しても失敗がばれにくいパートだということに気が付きました。
おかげでちょっと気楽にできそうです。

練習風景。
本番の場所での練習です。
ひとりいなかったので、右側が空いています。

弾いていると、どの人に音を合わせるかで悩みますね。
一番あわせやすいのはメインパートを弾いている人のメロディなのですが
どうもこのゲームの演奏システムには遅延があるらしく、
自分ではちゃんと聞こえても、他の人にはワンテンポ遅れて聞こえているようで
それを考えながら少し早めに演奏しようとすると
他の人の演奏につられてしまいかなり大変です。
メインパートの人に合わせて演奏すると、聞く側にはずれて聞こえてそうで
その辺をどうするかー、という話になりました。
と、ここで 「いえろーの基本は自分達が楽しむことだっ」 というきゃぷてんの一言が。
そうでした。
なんか基本的なことを忘れていました。
深いことは気にするよりも、自分達が楽しむということ。
それが大事ですよね。
上手な演奏は他の方に任せて、僕たちは演奏を楽しむことを考え、
それで他の人にも、演奏は楽しい、ということを伝えられたらいいなと思います。
普段アレな感じのするきゃぷてんですが、やはりきゃぷてんはきゃぷてんですな!
ちゃんといえろーのリーダーとしていえろーを引っ張っていっております。
これからもよろしくお願いします!

あと帰っておふろ入ってご飯食べてさあログインするかと思ったら、課金停止になっていました。
もちろんウェブマネー買うのすっかり忘れてます。
よってふて寝。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

夏祭りがはじまって。

夏祭りだそうです。
夏祭り。
中つ国の色んなところで、お祭りが開催されてます。
今まで見慣れた風景がちょっと変わってて、お祭りなんだという気がします。
写真は新しいダンスを教えてくれるNPCと一緒に踊っているところです。
報酬が強いアイテムとかではなく、称号やエモートってのはいいですね。
まだそこまでお祭りやったわけではないのですが、なかなか楽しいイベントそうです。
クリスマスや新年にもイベントもあるのでしょうか。
こういったイベントはリアルタイムで楽しみたいけど、どうなるんでしょう。

弾き語りイベント Part2。
お祭りはお祭りで、別にまた弾き語りのイベントをやっていました。
前回よりもたくさんの人がいるように思えます。
曲が終わるたび、弾いている方への声援の数がすごいことになっていました。
これは指輪物語という原作と、自動演奏システムがあるこのゲームならではで
上手く面白いこと考えたなー、と思います。
本当に吟遊詩人って感じです。

くま。
あと弾き語りイベントの写真をとろうとしているときに気がついたのですが、
クマの尻がなかなか可愛かったです。

演奏アクロバティック。
夏祭りイベントでもらえたダンスを使うと
すごい格好で演奏することができるようです。
このお祭りで貰えるダンスは面白いのばかりです。

部族出身。
カッコイイ人がまたまたカッコよくなっていました。
どこまで行くのでしょうか。
そしてどこへ辿り着くのでしょうか。
これからも目が離せません!

シェー。

夏祭りで貰えるホビットダンスの一部ですが、やはりカッコよすぎます。
ホビットダンスは、ホビットが踊るとホビットな感じがして
いちばん似合っている気がしたのですが、さすがのホビットもこの人にはかないません。

ぬわー。
カッコイイ人を燃やします。
というか空中の椅子に座っています。
ある意味すごいシュールな構図ではないでしょうか。
夏祭りでは、ある時間にならないと起こらないクエストがあるのですが、
それが始まる待ち時間のあいだ暇だったんです。
暇だからって、僕たちはいったい何をいやっていたのでしょうか。

面白かったのでまたやりましょう。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

演奏会リハーサル。

フィルハー演奏会のリハーサルというか舞台練習に行って来ました。
演奏。
いえろー楽団は、メインで弾く曲の練習がまったくなので、
得意のかえるの歌をけろろんと弾きました。
本来はいえろーではなくかえる楽団になるようだったのですが、きゃぷてんがいえろーなので
いえろー楽団になってしまいったようです。

黄色い線。
演奏の聞こえる範囲はかなり小さいので、
来場者の方は黄色い線の内側に入ってお聞きください。

黄色い舞台。
舞台も黄色に染め上げました。
参加者の方には黄色い声援がかけられることまちがいなし!

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

演奏会。

οフィルハーモニーさんのところのイベントの練習といいますか
打ち合わせみたいなものの現場に居合わせました。
演奏練習。
どの範囲まで音楽が聞こえるか
合奏した場合、音の遅延に合わせるのはどうすればいいのか
みたいなことの考察をしていました。

どうやら合奏では他の人の音が0.4秒ほど遅れて聞こえるそうです。
(なんで0.4秒とか細かい数字を出せるのか謎です)
ネットゲームですし、この辺の遅延ってのはしょうがないのでしょうか。
合奏するのに、この遅れは大変そうです。

まあ僕も普段黄色になっている人とあわせて
テオルボというベースみたいな楽器担当で出場します。
演奏の上手な人に譜面を貰ったのですが
ひとりで練習しても、さっぱりわかりませんな。

この辺が地味に課題です。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

即席コミュニケーション。

ログインすると、みんな黄色くなっていました。
ひとり別の場所におり、地図で戻ってこれないようだったのですが
レベルの高いCptだったので、こちらが呼ばれることになりました。
まったく寂しがりやさんなんだから!
そんなこんなで霧ふりの野営地にワープです。
いえろー集団。
明らかにレベル足りない人もいますが、見事いえろー集合です!
みんなで近々やるというイベントに向けての演奏の練習をしました。
みんなで違う楽器を持っての合奏っていいですな。
僕はテオルボでベベベンとやってました。
演奏中、声をかけてくれる人もいたりして、ちょっと話したりイベントの宣伝をしたりしました。
こういうその場で生まれるコミュニケーションというのは楽しいです。
もっといろんな人に声かけてもらいたいところですが
他のクエストの途中の人には 「なんだこの黄色い集団は…」 とか思われてそうです。
はためには怪しい宗教です。

協力ワーグ狩り。
ドミニクさんとワーグを狩っていると、パイプと雲のキンシップの人がやってきたので
協力して一緒にワーグを倒すことにしました。
合計6人のフルフェローシップです。
2人でちょっとポップの方が早い、くらいの速度で倒していたので
6人だとポップが全然追いつかなくて、ほとんどのワーグがポップした10秒後には死体になっていました。
この時、ドミニクさんの欲しがっていた伝説本が出て、ロールに負けてたような気もしたのですが
色々あって見事ゲットしていました。
譲ってくれたパイプと雲さんには感謝ですな!
またワーグの奪い合いになることもなく協力できたのもよかったです。
こういう気持ちのいい人たちと組めると楽しいですなあ。
またご一緒したいところです。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

エピック7巻。

クエストをなんかやる気になったので、エピッククエストを進めてみました。
幽霊と決闘。
お使いに継ぐお使いのあと、トーリンの東にあるエルフの廃墟の奥にあるお墓にいってきました。
ひとりで行かなくてはならない、ってログに書いてあったのですが
ひとりで中に入ると、幽霊が2,3匹いてなかなかきつかったです。
Mnsなのでソロでもいけましたが、回復のないクラスだとかなり大変なんじゃないでしょうか。
あと床からトゲが一定の周期でせり上がってくるトラップがありました。
色んなところで見かけるトラップですがまさかLotROにあるとは思いもしませんでした。
これにあたると一撃死なので、是非試してみてください。
これによる死では装備は壊れませんでした!

この先はインスタンスに移動するタイプのフェローシップクエストで
ひとりで入ったら死にかけたので諦めました。

飲み語り。
その後、どみにくさんと小馬亭で飲み語りました。
食事に手が届きません。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

盆踊りして登り。

ユーザーイベントで盆踊りをやるようだったので行ってみました。
この日だけでなく、ちょっと前にやっていたようなのですが
その時は普通にログインしていなくて参加できなかったので、今回が初参加した。

盆踊り。
前回は30人くらいいたようなのですが、今回は10人ほどでした。
噴水を囲んでダラダラと/danceしたりして過ごします。
というかひとりが変なところに登っています。
噴水の横にある街灯です。
登れるはずなかろう、と最初から試していなかったのですが
なんと登れたみたいです。
いつもこの噴水前でダラダラしているのに、初めて気が付きました。

登る。
盆踊りが終わったあとはもうみんなでここに登ろうと必死です。
普段演奏されてる方たちまで、この日はひたすらジャンプです。
僕は街灯にかすりもしなかったので、ホビットは乗れないんじゃないかと
種族間にジャンプ能力の差があるのでは? と思っていたのですが
女性キャラでスタスタ登っていた人が
キャラを男キャラに変えたとたん、登ることができなくなってしまったので
どうやら性別でジャンプのしやすさに違いがあるようでした。
思えば男女でジャンプのモーションが変わってます。
女性キャラの方が登り易いようでした。
まあでも男性キャラでも登っている人はいるので
慣れというかプレイヤーのジャンプスキルが一番の問題っぽいですが。

登れた。
どうしても登りたかったので
キャラを女性ホビットに変更し、街灯登りにチャレンジしまくりました。
んが、やっぱり何度やっても登れず、
最終的にCptの足速くなるBuffのおかげで登ることができました。
というか早足Buffあるとかなりジャンプの飛距離延びますな。
もう足早Buffなしで登れる気がしません。
さらにこの隣の街灯が最終ゴールなのですが、CptのBuffは数秒しか持たないので
僕はここで潔く諦めました。

カッコイイ。
そのBuffくれたCptですが、先日とはまた違う新たなカッコイイ装備を手に入れてました。
おしゃれキャプテンです。


盆踊りは突発でしたが、まだ色々とユーザーが自発的に企画したイベントがあるようです。
ごっこ遊びといますか、こういうレベル上げやアイテム集めに関係ない遊びって
結果としては、キャラクターは何も強くなっていないので
キャラを育てることが好きな人にはあまり面白くないでしょうが
キャラ育成を楽しむのではなく、人とわいわいやることを楽しもうという人にとって
こういう遊べる場を作って貰うのは、とてもありがたいです。

キャラを育ててゲームの攻略をしていくのも楽しいですが
与えられたものだけで遊ぶのではなく、他のプレイヤーといっしょになって
思い出を作っていくってのは、MMOのゲームならではの楽しみですよね。
オフラインのゲームでも、ごっこ遊びは楽しめますが
やっぱオンラインで協力してやるごっこ遊びの方がずっと楽しいです。
こういう遊びは大切にしていきたいですな。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

ヘレグロド2日目。

またヘレグレドです。
レイドはロックがあるので昨日からの続きとなります。
ボス戦前。
昨日よりさらに人数が増え、17人で挑むことになりました。
雑魚がほとんどリポップしていてのですが、思わず大量にAddしてしまった時でも誰も死なずに
サクっと敗退したクモボスまでやってこれました。
この雑魚パックはこうすればいい、というのが
昨日何回も死んで発見したかいがあるというものです。
こうやってゲームに慣れていくって楽しいですな。

ここまで。
クモボスには3回ほど挑んだのですが、半分くらい削ったくらいで全滅してしまいます。
このボス、解除しないと周りを巻き込んで即死するという毒をばら撒いてきて
それを解除しながら戦うことになります。
解除には解毒アイテムがあるので、自分でそれを使うのが基本なのですが
毒を食らったかどうか見ながら
普通にヒールしたり、ボスを攻撃したり、沸いてくる雑魚クモをさばいたり、と
全員が自分の毒アイコンを凝視しながら戦うことになるのでとっても忙しいです。
でもこれも慣れだと思いますので、みんなでボスに慣れて、ボスクモを倒して見たいですなあ。

WoWでDecurse連打してるだけでDebuff解除されてたのが懐かしいです。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

ヘレグロド。

ログインしたら 「おひまー?」 とテルが着ました。
少し前にキンシップイベントで馬レースをやっていたTower of Fangのキンシップの方です。
ええ、ええ、もちろん。何かキンシップイベントでもやるのかなー? と思って
「暇暇ー」 と答えたところ 「ヘレグロドに行かない?」 との凄いお誘いを受けました。
ヘレグロドというのは、LotROの24人のレイドを組んで攻略するインスタンスで
今のところいちばん難しいダンジョンだと聞いています。
そんなところに、まだレベルキャップしていない人が参加していいのでしょうか。
そう聞いてみると、どうやらキンシップの人たちでの様子見のようで
少数でヘレグロドがどんなものか覗いてみようとのことらしく
それなら参加したい! と思って参加することにしました。

入り口。
24人で乗り込むところに12人で乗り込むことになりました。
半分です。
しかし、初めての場所に足を踏み込むワクワク感と
少数でどこまでいけるかのチャレンジ心でほとんど不安を感じることはありませんでした。
こんなうちらでどこまで行けるのか試してやろうじゃない。
こういう気持ちは大好きです。

続きを読む

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

おちゃ

Author:おちゃ
Twitter:おちゃったー

Lord of the Rings OnlineのElendilmirサーバーで遊んでいるMinstrelです。
ロード・オブ・ザ・リングス オンラインのAeglosサーバーで遊んでいるミンストレルでした。
Warld of WarcraftではProudmooreサーバーで遊んでいるWarlockでした。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。