スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DDOはじめてみた。

ということで Dungeons & Dragons Online (DDO) を初めてみました。
2週間は無料です!
2週間後も、LotROはやめないので追加料金500円でよいっぽいです!
なので飽きるまでやってみようと思います。

初めてのストームリーチ。
D&Dの世界観をさっぱり知りませんが
(ゲーセンにあったアクションRPGのくらい)
魔法と科学が両方とも発達している世界なのでしょうか。
無骨なパイプとルーン文字が共存しています。
しかも街並みはごちゃごちゃとしています。
これはかなりいいですな!
LotROは魔法も科学もぜんぜんなので、なかなか新鮮です。

固有名詞のカタカナが何が何やらわからないのも、久しぶりです。
Azerothにも中つ国のときもそうでした。
おかげでクエストのストーリーをじっくり読んで、一言ひとこと確認しないと
すぐに物語に取り残されてしまいます。
でもいろいろ把握していくのは楽しいですなあ。

いえろーがくだん。
LotROの知り合いたちとはじめたので
せっかくなのでギルドを作ってみました。
ギルド いえろーがくだん です。
もはや黄色の要素がどこにもありませんが、合言葉は いえろー なのです!

罠に引っかかってほぼ全滅。
ダンジョンはかなりおもしろいです。
写真は罠にかかって4人中3人が死んだところです。
いきなりで炎がガーーー! と出てきたと思ったら死です。
「ひえええええ」 となりましたが、それ以上に笑ってしまいました。
死んだけど、おもしろい!

他にもダンジョンはすごくおもしろいです。
ドキドキしながらダンジョン進むってのはいいですなあ。
ここぞという場所に罠があったり、先行したひとりが閉じ込められたりとか
びっくりする部分がたくさんです。

マイキャラ。
2つキャラを作りました。
最初のエリアのクエストをほとんど終わらせどちらもレベル3ぶんまで上げました。
左が ハーフリング バード(レベル3) で
右が ドワーフ ファイター(レベル2) クレリック(レベル1) です。
このゲームは、ひとつのクラスのレベルを上げるだけでなく
他のクラスのレベルも上げることができます。
なので片方はタンクとヒーラーのハイブリッドにしてあります。
しかし、意志の能力値が低くて魔法が使えませんでした…。
きゃぷにアイテムを貰い補強できたのですが、基本的にやり直しはなさそうですし
しばらくは手探りでクラスによって必要な能力値とか
最適化されたビルドを探っていきたいと思います。

まあ1年以上前に出たゲームですので、探せばそういうの見つかりそうですが
そういうの自分で考えるのが楽しそうなゲームです。
問題は、作り直したときにまた同じクエストをやらなくてはならないということでしょうか。
そう思うと作り直すのもメンドイですな。
なので、しばらくこのままでいってみようかと思います。


FC2ブログのテーマにDDOないんですな。
新しく作ろうかとも思いましたが、もうあまりやっている人いないかもしれないので
作らないでおこうと思います。
LotROも1年後残ってるかどうかわかりませんな。
あの手のMMORPGなら、日本語版ないWoWもまだあったし大丈夫でしょうか。
スポンサーサイト

グラランとローブと鶏。

バラド・グララン。
アングマールにあるバラド・グラランというインスタンスにいってきました。
ここはBook9のパッチの時に追加されたインスタンスですが
今さらという感じで初チャレンジです。

ここは昔魔王が少しのあいだ根城にしていた場所らしく
装飾も不気味に豪華だし、鉄網で作られた床の下には溶岩が煮えたぎってるわで、
いかにも魔王の城! って雰囲気がしてカッコイイです。
またウルガルスやカルン・ドゥームに比べてかなり短いインスタンスなので
その辺はかなり好印象でした。

ラスボスのところで4回ほど全滅して、時間も時間なので解散でした。
他のボスはそうでもないのですが、ラスボスだけいろいろとやらしい攻撃をしてきて
ミスるとフェローシップ壊滅ってパターンが多く、厄介です。
これはメンバーの慣れなんでしょうな。
でもMnsはわりと楽なポジションなので気楽です。
最後は軟膏 (他人のDebuffを消せるアイテム) を使う余裕もありました。
とはいうものの、初っ端いきなり死んだりもしてるので、僕もまだまだ慣れが必要です。

Lrmセットアーマー。
キンシップの人がカッコイイローブを着ていました。
後ろの柄が凝っていてすごいです。

鶏マント。
僕は僕で巷で大流行の鶏マントをついにゲットすることができました。
このマントの柄もかなり凝ってます!

鶏エモート。
コッコッコ、コケー!

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

他のゲームもやってみた。

ちょっと他のゲームにも手を出してみました。
本命 Hellgate:London、対抗 Dungeon & Dragon Online (DDO) です。

Hellgateの方はデモ版しかやってません。
というかベータテストの応募にみごとはじかれました。
デモ版をちょっとやった感じでは、MOというよりも普通のFPSって感じがします。
序盤しか触れないので、Diabloの醍醐味であるアイテム集めのところまで
プレイできないから、そう感じたのだと思いますが。

悪魔によって滅ばされたロンドンの街を、剣やら銃やら使ってブッ倒していきます。
荒廃した街をうろうろするゾンビや不気味なクリーチャーは、かなり雰囲気出ています。
ただ街並みはいいのですが、建物の中に入ってしまうと
他のゲームとけっこうおんなじ感じです。

あとキャラ濃いですな。
発表が韓国でやることが多かったので、てっきりそっち向けに美形キャラとか
ガンガン作れるのかと思ったら、そんなことなくて一安心です。

しかしこれ日本語版が出るのかで無いのかいまいち謎です。
公式サイトはあるのですが、北米ではもう発売だというのに何も変化ありません。
これはなかなか不安にさせてくれます。
この先たくさんでてくるパッチも、これじゃあかなり遅くあたるんじゃないでしょうか。
買うなら日本語版より本家のを買ったほうがゲームとしては良さそうなのですが
クエストが英語だと、やっぱり斜め読みしてしまうので日本語化に期待したいところです。


DDOの方もHellgateと同じMOですが、全然違うゲームですな。
クエストを受け、それに対応したダンジョンに行くって感じですが
マップは同じでもクエストが違えばMobや宝箱の配置といったダンジョン構造は変わっており
さっきはここは安全だったのに! みたいなことがあっておもしろそうです。

ダンジョンの雰囲気もいいですな。
自然回復がなく、ダメージを受けたらスキルを使わないとHPを回復できないので
緊張しながら狭い空間を罠や敵に注意して進みます。
閉塞感というか、限られた条件の中で試行錯誤しながら遊ぶのは楽しいですな。
またダンジョンに差し込む光がとても綺麗で、うまい演出だなあと感心させられます。
1つのダンジョンでも、見るところがたくさんです。

これは一気にクリアするよりも、一つひとつのクエストを丁寧にクリアしていき
じっくりとダンジョンを味わいながら遊んでいくのが楽しそうです。
それだけの価値はありそうなダンジョンです。
他のゲームだとワーッとただクリアしてしまうことの多いダンジョンですが
こんな丁寧に作られているダンジョンを、同じようにやってしまうともったいない気がします。


どちらも最終的にはアイテム集めになるようですが、
アイテム集める部分はHellgateの方がずっと面白いと思います。
しかし、ダンジョンの1回目はDDOの方が面白いと思います。
全部のダンジョンまわるのに2,3ヶ月かかるのでしょうか。
そう思うと、けっこう長く遊べますな。

まあでもメインはLotROですな。
長々とメインでやるのは牧歌的にダラダラとできるゲームのほうがいいです。
どちらも演奏ないですしな。
というか、家に早く来て欲しいです。

これから。

知り合いの手伝いで、イヴンディムのクエストをやってきました。
家での戦い。
家の中での戦いです。
狭くて視点変更が大変でしたが
今までと違う雰囲気で楽しかったです。
見通しの悪い場所をちょっとずつ進んでいくのは、かなりダンジョンっぽいです。

他にもイヴンディムはおもしろいクエストが多いらしいので、やって行きたいと思います。

本当は適正レベルで楽しみたかったのですが、1からキャラを育てる気があまりしません。
こういうMMORPGだと、他にキャラを作っても、それは自分ではなくて
「自分はこのキャラだ!」 ってのが決まっちゃってて、それでやらないのだと思います。
なのでイヴンディムはこのMnsキャラで遊んじゃおうと思います。

それ以外にもやりたいことはたくさんです。

ホビット庄のクエストをやる。

ホビット庄のクエストを全部で75個やると、潔癖 というなかなか良い特性がもらえます。
あと希望の帽子というよさげなアイテムももらえるらしいので、貰っちゃいたいです。

土地を探す功績。

「○○の廃墟をまわれ」 とかそういう功績があります。
クエストがあるわけでもなく、レアMobがいるでもない場所があり、
そういった場所にこの功績が入っていたりします。
つまりクエスト等に縛られない中つ国の探検ですな。
なかには功績すらないところもありますが、それをまわるのもまた楽しいと思います。
功績はそのおまけにすぎません。

アングマールのチャンピオン。

アングマールのクエストで、敵のドロップアイテムから始まるクエストがあります。
それは全4種類あるのですが、僕は3種類まで集めました。
なのでそろそろ行ってみようかな、と思っています。
行き先はレベル50以上の敵がうようよおり、ソロではかなり無理なので
そのあたりにある土地を探す系の功績も一緒にやれたらな、と思います。

バラド・グラランに行く。

イヴンディムのパッチで追加されたインスタンスですが、まだ1度も行ったことがありません。
クエストも4つほどあるのでやっちゃいたいですな。

アンヌーミナスのインスタンスに行く。

何個かあるんですよね。
そのうち、やはりあのお城のところに行ってみたいのですが
あそこはインスタンスなんでしょうか。
まだまだ謎だらけです。

エピック10巻を進める。

最近すっかり忘れてましたが、メインストーリーは進めておきたいです。
もしかしたらお城はエピックで行くのかもしれませんな。
9巻からのゴタゴタは10巻で解決するんでしょうか。
こちらも謎だらけです。

名誉 の功績をとる。

ホビットの特性で、この名誉が+1されるのですが (今はバグで動いてないけど)
未だにこの特性は1しかないので取っておきたいです。
しかしこれ、嫌いな○○を何匹倒せ系なんですよね。
メンドイです。

こんな感じでしょうか。
これに加えて人狼やら演奏やら鶏やらあるので、
のんびりと進めていきたいと思っています。
あと身内のクエストのヘルプに行ったりとかあります。
身内と遊ぶのは、ダラダラと喋りながら遊べるので楽しいんですよね。
経験値やアイテムを手に入れるよりも、遊んで楽しいという環境は大事ですな!

こんなこと書いといてアレですが計画をそこまで立てず
その場その場で楽しんでいく姿勢が娯楽では大切な気もしてきました。
場当たり的に楽しんでいこうと思います。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

鶏プレイの楽しさ。

また鶏プレイやってきました!
ホビット庄に狼がたくさんいて困るから、誰か助けを呼んできてくれ! というストーリーです。
今回は裂け谷を目指します。
なぜそんな遠いところまで助けを求めなければならないのでしょうか。
ただの鶏にそこまで求めるのは、指輪を運んだホビットも同情してくれそうです。

チキン乱入。
裂け谷への道中、途中ブリー村によると弾き語りをやっていたので鶏で乱入です!
しかし、鶏ではSayやエモートだけではなく音楽も聞こえないんですな。
何やってるのかさっぱりわからなくて残念でした。
というか、すごいいいところでの乱入でなかったことを祈ります。

川まで。
トロル森のブルイネン川までやってきました。
ここまでは街道を走っていれば、特に敵に会うことはないので余裕です。
(まあいえろーなので、オートランしながらチャットしてて危ない場面がありました)
問題はここから先です。
この先は敵がうじゃうじゃいる中を突っ切っていかなくてはなりません。

ごあいさつ。
ステルスを見破るスキルを交代で使いつつ、ちょっとずつ進み
ついに裂け谷までやってくることができました!
3匹が2匹になってしまっているのはナイショです。
というか、ハエの一撃でやられてしまいます。
敵に絡まれたら即死んだふりしないと死んでしまいます…。

尊い犠牲を惜しみつつも、とりあえずフロドにごあいさつです。
サムやアラゴルンには、憩いの館の中に入れないので挨拶できませんでした。

アラゴルンのうま。
アラゴルンの馬、ロヘリンに話しておしまいです。
小説には1行くらいしか名前の載っていなかった彼ですが
こんなところで接触できるとは思いもよりませんでした。

というか、この馬主人といっしょにモルドール行くつもりなようです。
意気高く立派な志なのですが、主人たちはポニーしか連れて行きません。
かわいそうに…。
なお肝心のポニーの方には無視されました。

おす…。
今度はブリー村の猫にごあいさつです。
さすが猫、昼寝とかが忙しいご様子で全く頼りになりません。
他に忙しいことはミルクをなめることでしょうか。
というかウインクという名前なのでてっきりメスだと思っていたのですが
一人称が 「おれ」 とはどうも裏切られた感じです。

コウベサセ。
コウベサセ虫の友達 ロデリック の飼っているコウベサセ虫 スニケン に会いました。
ロデリックはこのスニケンをかなりかわいがっており、
人間のとき、スニケンのために餌のハエを集めることを頼まれたのですが
どうもかなり嫌がっていたようです。
ロデリックの愛情は虫にはまったく伝わっていません。
というか、狂ってるとまで言われています。
ひどい話です。

ローハンの馬。
馬牧場の馬はどうやらローハンの高貴な馬だったようです!
だから4gpもしたのでしょうか!?
しかし蹄の垢とはまたひどい。
一人称が 我輩 と偉そうなのに、地理がわからんとはさっぱり役に立ちません。
僕はイヴンディムのブサうまに乗り換えましたが
まだ普通の馬に乗っている方は、ちょっと付き合い方を考えた方がいいですよ!


鶏になって動物と話せることで、また違ったLotROの世界が見えてきました。
なんかのゲームで動物に変身して、動物と喋ることのできるゲームがあったのですが
主なストーリーの動物から見た側というか、人間達には 「勇者ありがとう!」 と感謝されているのに
村が救われようが関係ない動物たちはわりと冷静に勇者達のことを見ていたりして
そういうギャップを楽しく思っていました。

こういうのって小説や漫画、映画では表せない、ゲームだけの楽しみだと思います。
小説などの娯楽では、主ストーリー以外をいれてしまうと、
展開が遅くだれてしまい、そう人気が出ない作品になってしまうことが多いですが
ゲームだと、その辺はプレイヤーが自由に選べますもんね。
寄り道の楽しさというか、ストーリーに特に関係ないことを詰め込めるのが
ゲームのいいところだと思っています。

その中で動物の世界があるってはすごいメルヘンで楽しいです。
普段の人間の世界と同じところに動物の世界があって
同じ世界なのに違う世界が一緒に存在していて、その2つの世界のギャップが楽しいです。
この楽しみって、ゲームだと主ストーリーにあまり関係なく、のんきな動物たちの世界が
垣間見れるのでいいんでしょうなあ。
小説や映画で動物視点を見ようとすると、どうしても動物が主人公になってしまい
ストーリーは動物が世界を救ったりしちゃいますからね。
ストーリーとは関係なく、動物は動物ののんきな世界を持つ。
これをのぞくのが楽しいんです。

LotROでもこんな楽しみ方ができていいですな。
ただ純粋な指輪物語ファンには、鶏が走ってホビット庄から裂け谷まで行くなんて非現実的すぎて
大きく世界観を壊してしまっているので不評かもしれませんが
指輪物語を、完全に別の視点から見た物語だと思えば、また違ってくるともいます。
ゲームならではのこういう世界観の味わい方を、もっと楽しいたいです。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

カルン・ドゥームの奥地へ。

先週、前半部分の終わったカルン・ドゥームですが、やっと奥地まで行ってきました。
カルン・ドゥームの奥地へ。
メンバーは Grd,Chn,Chn,Cpt,Bur,Mns というかなり硬い構成です。
メンバーが集まらないのではないか、という考えは杞憂でした。
どうやら奥のボスたちは、重装備系の人たち用のかなりいいアイテムを落とすようです。
ちなみに、この奥地へ行くときに出したLFFに
「クラスアイテムください。その分他のアイテムパスします…」
と書いておいたら、意外とそれでもすぐの集まりました。
クラスアイテムよりも、奥のボスが落とす水色アイテムのほうが人気があるんですなあ。
うまくバランス取れてると思います。

続きを読む

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

宝飾道具とぶち馬。

ぶちうま。
ぶち馬を手に入れました!
噂のエピック9-8周回を3時間ちょっとして手に入れました。
本当なら3時間ちょっとでは手に入らないのですが、これにはわけがあるのです。

最高。
キンシップの人にもらった宝飾道具です。
今ある道具の中で最高のものですよ!
これと研究で作れるロアというアイテムを使うことで、クリティカル率35%までアップです。

ということで、一品ものレシピを何個か作ってみました。
といっても、材料の 「ベリルのかけら」 どこで手に入れるのかよく知らず
競売で手に入れるとしても3gpとかするので、ほとんどがひとさまの依頼です。

一品ものレシピのクリティカル結果は
知り合いTさん2勝2敗
トレードチャンネルで叫んでいた人1勝2敗
自分で買ったベリルのかけら1勝0敗
知り合いどみにくさん0勝1敗
また自分で買ったベリルのかけら1勝1敗

トータルでは今のところ5勝6敗と、45%でクリティカル出ています。
これはなかなか好成績ですな!

ちなみに、トレードチャンネルで叫んでいた人ですが
この宝飾道具を手に入れていい気になっていたときに
ブリーで宝飾家を探していまして、これはちょうどええわい、とTellしてみました。
で、この方はそのときすでにぶち馬に乗っていたので、
僕がそれを 「いいないいな」 と言っていたところ
お礼としてお金と大量のアンヌーミナスの名声アイテムをくれたのでした。

その時は気づかなかったのですが、そのアイテムは1つで700も名声が上がるアイテムでして
それだけでメチャクチャ名声もらえました。
競売をのぞいてみると、わりと高額で取引されていて
アイテム製作のお礼としては、かなりぼったくってしまった感があります。
一緒にお金も貰ってしまったのですが、せめてこのお金は貰わなかった方がよかった気がします。

かわいい。
でもおかげで、この馬ゲットです。
半分はもらい物で得た名声ですが
野伏たちには気づかれていないので問題なく馬売ってくれました!

すっごいかわいいです。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

阿鼻叫喚。

インすると、みんな何かやっているようだったので、久しぶりにPuGでクエストやってきました。
アングマールの残ってるクエストをどんどんやります。
特に欲しい報酬があるわけではありませんが
そこにクエストがあるからクエストをやるのです。

たまご。
「阿鼻叫喚」 というクエストです。
かめの卵をオークの野営地に運んで混乱を招く、というクエストでしたが
運ぶかめの卵がでかい!
ホビットが持つとかなり似合っています。
卵は他の運搬系クエストと同じで
水に深く浸かり、泳ぐモーションになってしまうと失敗してしまうのですが
ホビットだとちょっと深い水溜りでも泳いでしまいました。
大きい人だと普通に渡れる水溜りなのに!
ホビット差別です。
きっとホビット可愛いから妬まれてます。

かめ。
野営地に卵を運ぶと巨大なかめが現れました!
でかい、でかすぎます。
クエストはクリアなのですが、巨大かめもオークも襲ってくるわで
クリアしてからが大変でした。
これは無理だと即撤収です。

かめの卵を持っていくとなんで混乱するのかいまいち謎だったのですが
こういうわけだったんですね。
僕達の方が混乱です。

あの運んだ卵から生まれたのでしょうか。
それともおかあさんかめだったのでしょうか。
まさに阿鼻叫喚なクエストでした。

ドレイク。
続きでドレイクの卵を数えたり、ドレイクをしばいたりしました。
一緒に組んだホビットの方が、卵もドレイクもやたらよだれジュルジュルたらしながら戦っており
(ドレイクの肉は鶏肉に似ているようです)
どんどん続いて長いクエストでしたが、愉快なフェローシップでとても楽しかったです。

身内だけで遊ぶのも楽しいですが、PuGもなかなか楽しいですなあ。
というか、完全にPuGでクエストやったの久しぶりでした。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

うま。

知り合いがついに馬を手に入れたのことなので
それにくっついてってみました。
うま。
馬のクエストはほとんど順調にクリアしていました。
ということで並んでみたら、なんかぶち馬以外集合です。

写真の写っている灰色の馬と、ぶち模様の馬が
先日のパッチで名声を上げればもらえるようになりました。
そして最近、ぶち馬に乗っている人けっこう見かけるようになったのですが
あの馬は、ちょっと間抜けな感じがして可愛いです。
自分でファームするのメンドイので、名声アイテム売ってればいいんですが。

なんとなく火吹き男を撮影です。
エモートの 「声援を送る(/cheer)」 を100回されると、
「炎を吹くパフォーマンス(/firebreath)」 という火を吹くエモートが使えるようになります。
よくブリーで演奏しているフィルハーモニーの人たちは
ふつうにこのエモートが使えるようになっていたようでした。
道行く人に声援送られまくりなもようです。
演奏家おそろしや。

続きを読む

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

バカンス。

アンヌーミナス。
エピッククエスト10巻をやる予定で
アンヌーミナスというイヴンディムにあるレベル50用の場所へいってきました。
とりあえずいえろーメンバーに誘われていったのですが
さすがいえろー、クエストは1つしか終わりませんでした!

朝焼け。
クエストが終わらなかった理由として
イヴンディムは景色がいいことが上げられます。
クエストの途中で眺めのいいところを発見し、いろいろ写真を撮っているうちに
「もっといい眺めの場所を探そう」
と、クエストとは全く関係ないほうへレッツゴーです。

日の出。
朝日を拝もうと場所を移動し、本日1枚目の絶景ポイントを発見です。
アンヌーミナスの遺跡と、このイヴンディムのパッチの目玉でもあった
ティル・アンヌーンのお城、両方が眺められます。
朝日は登ってしまいましたが、いい絶景スポットだと思います。

というかイヴンディムが来てもう2ヶ月以上祐に経っているのに、今さら感まんまんですが
ついこの間イヴンディム来たばかりなので仕方がありません。

イヴンディムのクエストは面白いのが多いと聞いていたので適正レベルでやりたかったのですが
今から1からキャラを育てる気はちょっとおきないのですなあ。
暇を見つけて、おちゃでやっていきたいです。
その前に、ホビット庄のクエストも全部やっちゃいたいです。

すいえい。
湖はとても澄み切っていて底までみえてしまいます。
こういうところで泳いでみたいですな。
ということで、みんなで水泳です!
後ろ向きに泳ぐと背泳ぎになります。
くまやおっさんも泳ぎます。
もう泳ぎの時期じゃありませんが、それでも泳ぐのです!

ひとやすみ。
遠くの砂浜まで遠泳をしたところでひとやすみです。
まさにバカンスといった感じです。

こうのんびりするのは楽しいです。
クエストは進みませんが、大満足な日となりました。

けりあい。
蹴りモーションがあるのですが、それを撮りたいということでカメラマンを務めました。
なかなかタイミングが合わず、撮れた写真にはどちらか片方だけというパターンが多かったです。
足は地面についちゃってますが、これがある意味いちばん蹴り合ってます。
動画撮って、それから切り抜いた方が楽そうだと思いました。

続きはクールビューティでおなじみの美しき村娘、Elm いえろーきゃぷてん 特集です!

続きを読む

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

カルン・ドゥーム。

カルン・ドゥームいってきました。
カルン・ドゥーム。
数時間やり、護衛クエストを失敗し、女帝を倒すところまでやりました。
噂には聞いていましたが、かなり長いです。
後半、なんかよくわからず全滅してしまって、時間もかなり経っていたのでそこで解散しました。

クエストは、護衛クエスト以外は終わりました。
これでカルンのカテゴリーのクエストは残りひとつです。
しかし、Mnsのレベル50用のクラスクエストがカルンの奥のボスからアイテムを拾うのばかりで
こっちがボスに会うこともなくさっぱりでした。

夜にまた行こうとも思ったのですが
LFF出してひとりめに来た人が別のロックを持っていて入れそうになく
これはいろいろめんどいな、ということで募集を取り消しました。
とりあえずロックがなくなったらまた行こうと思います。

ただ思うのですが
クラスクエストのアイテムはひとりしか拾えないため、
アイテムの被るHntとMnsは除外するように募集するのですが
そうすると奥までわざわざ行く人っていないんじゃないでしょうか。
奥のボスがシャドウラップという強力なアイテムを持っていて
それ狙いで来る人はいるとも聞いたのですが、これは集まりにくい気がします。

かといって最初からやるのも時間がかかってしんどいです。
ロックを活かして2日に分けるという手もありますが、前半しか用の無い人は
わざわざ自分の用のない2日目に来てくれるのでしょうか。

まあ最近は頑張って冒険したので、深いことは考えないでおいて
そろそろまたブリーに引きこもりたいところです。
最近ご無沙汰過ぎる演奏練習をしなくては!
演奏できる曲のレパートリーを増やしたいです。

鶏と猫。
猫の家を知らないという人がいたので (クローズドからやっている人なのに!)
これは案内せねばと案内してきました。
猫家、前はBGMが流れていたのですが、この日行って見ると流れていませんでした。
パッチでなくなっちゃったのでしょうか。
猫の家オリジナルの音楽だっただけに、これは残念です。

猫の家でBook11で追加される家システムの話をしていたら、鶏が乱入してきました。
しかも何匹も!
猫と鶏のコラボです。
夢のようなひとときでした…。

家は剥製は作れるようなのですが、生きている動物は飼えるのでしょうか。
ぜひとも飼いたいです。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

セッションプレイ。

先日のパッチで追加されたセッションプレイをしてきました。
セッションプレイ。
セッションプレイというのは、レベル1の鶏に変身して中つ国を旅するというゲームです。
インスタンスではなく、普段みんながいる中つ国での旅なので
普通のプレイヤーとたまに遭遇したりします。
ふだんと同じ風景なのですが、レベル1の鶏ではまた違った中つ国が楽しめます。

こけー。
いえろー仲間で行ってました。
みんなでこけーっとします。

セッションプレイではフェローシップが組めないので、Sayを使って会話をしていたのですが
Sayが届く範囲はかなり狭く、チャットがかなり不便でした。
しかしちょっといろいろ実験を行った結果、
セッションプレイでのチャットチャンネルは鶏以外には見えなく
また、普通の冒険者のチャットも鶏には見えないということがわかったので、
雑談含む色んなチャットはローカルチャンネルで行いました。

こけ。
鶏大行進。
1回はぐれると合流がかなり大変です。
相手の位置が分かるフェローシップって大切さを実感です。

こけこけ。
普段は逃げるだけなのだと思いますが
人数がいたのでオオカミ討伐に挑んでみました!
ホビット庄にいるレベル5のオオカミで、普段は見向きもしない敵なのですが
レベルも1の鶏にはメチャクチャ強敵でした。
攻撃がなかなかあたらず、あたってもダメージが全然通りません。

こっけー。
しかしなんとか倒すことができました!
画面がモノクロなのは、鶏の尊い犠牲があったということです。

こけーこけー。
セッションプレイで行うクエストは敵を倒せず逃げるばかりなので
おつかいばかりなのですが、なかなか楽しかったです。
みんなでこけこけいいながら、クエストをみんなでクリアーしました。
どみこさんが寝るとのことなんで、途中まで護衛してくれました。
とりあえずいろいろエモートしたりしたのですが
どうやら鶏と冒険者では、相手のSayやエモートはチャットには表示されないようです。
しかし冒険者のエモートで行う動作は見えるので、それをうまく使えば
鶏と冒険者でコミュニケーションできるかもしれません。

集団でこけこけやってる姿はなかなか可愛かったです。
すれ違った冒険者にもちょっとしたサプライズになったのではないでしょうか。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

名声を上げる。

名声を上げました。
カリフラワーをたくさんいただいたからです。
とりあえずお礼に新しく作れるようになった腕輪を送っておきました。
名声。
ただいまこんな感じです。
どれも全然上がってないように見えますが
実はトーリンの館とマゾム協会が次のランクの 「知人」 になっているのです。
この2つの名声は、僕の職業である "風来人" の持つ 宝飾 と 調理 の生産スキルで
わりと簡単に上げることができるのです。
調理は、カリフラワー + 店売りのアイテム を
宝飾は、プラチナのインゴッド + 磨かれたアダマント を使って
名声のTurnInアイテムを作ることができます。

マゾム館。
ここがホビット庄にあるマゾム館です。
マゾム (ガラクタ) を集めて展示しておくところと聞いていたので
けっこうごちゃごちゃしているところだと思っていたのですが
わりと片付いています。
ここは展示ルームだから綺麗だということでしょうか。

ここの名声を上げると貰えるごほうびに、ホビットの種族スキルがあります。
これは特性の 共感 忠誠 理想 の効果が+1されるというもので
かなりミンストレルによさそうな種族スキルです。
ホビットは種族スキルの 死んだふり とあわせて
かなりミンストレルにあっていますな。

ちなみに、この種族スキルを手に入れるためには
名声を 友人 にまで上げなくてはいけないのですが、
友人 まで上げるのにあとカリフラワーが600個ほど必要となります。

耕作でしか作ることのできないカリフラワーですが
他のスキルと違い、けっこう作るのに手間がかかるので
わりとこの600という数字はきついもんがありますな。
きゃぷが作ってくれるといってくれているのですが、
時間が手間がもったいので、競売に出てるのを買っちゃおうと思います。
その時間で他のことして遊びましょう!

このほかに、研究で使う "上質な書斎" がありました。
しかし調理のスキルと 研究 が被さっている職業はなく、いまいち使われなさそうです。
他にもマゾムというアイテムでここの名声を上げることができるのですが
このマゾムは、レベル40付近の敵全般から手に入るようで
レベル上げの最中とかならいいのですが、狙って手に入れるのはなかなか大変なようです。
この書斎を使う人は果たして現れるのでしょうか。

トーリンVIP。
こちらは宝飾で上げることのできたトーリンのVIPルームです。
これのおかげかプラチナがかなり高くなっていました。
扉をくぐると地下へ続く階段が現れました。
トーリンのかなり奥のほうへと行くようです。

綺麗なところ。
階段を下りると、大きな水晶がにょきにょき生えてる幻想的な空間に出ました。

ここには 宝飾 で使う "上質な作業台" がありました。
これは便利です、というかこれ狙いでここの名声を上げました。
上質な作業台は、ここのほかにはエステルディンにしかなく
ちょっと遠い場所にあっていくのがメンドイ上に、エステルディンには銀行や競売がなく
素材アイテムの数を間違えたり、うっかり忘れたりすると
かなりゲンナリしなくてはならなかったのですが
銀行も競売もトーリンで "上質な作業台" が使えるようになったおかげで
もうゲンナリとはおさらばです。

他の名声上げると貰えるごほうびは、あんま魅力的なのがなかったので
トーリンの名声上げはここでストップです。

見上げると。

VIPルーム、見上げるとまたいい光景です。
こういうのって、ゲームじゃなくて実際に自分で見てみたいですな。
モニター越しではなく、自分の周りの空間として感じてみたいです。

かえりに。
かえりに階段を登る姿です。
本当は小さな光がふわふわと暗闇に浮いていて、なんか僕の背中が悲しい姿にも見えたのですが
解像度落としたのもありますが、写真という静止画だとさっぱりです。
暗闇に浮かぶ多くの小さな光、という光景はかなり好きです。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

9巻が終わり10巻へ。

エピック9巻も終わり、10巻に入りました。
先日のパッチに追いついた!
でもまだ1章が終わったところですが。
ムービー。
久しぶりにムービーがありました。
そういえばこんな要素ありましたな。

9巻の頭であの人がなんか探していましたが
それなんだろうと思っていたのが、10巻の頭でついに判明です!
うわーなるほど、そういうことなのか! と思ったのですが、
ふとログを読み返すと (いちおうストーリ的なものはほとんど写真撮ってます)
"低級な"アレとか言われていて、てっきり7つのアレあたりなのかと最初思っていたのですが
そんなことはなさそうでがっかりです。

てかそんなハイレベルなもの持ち出されると勝ち目ありません。
でも 「中つ国全体が~」 とか言っていたので、そう思っても仕方がないですよね。

ということでストーリーも面白くなってきました。
8巻1章で3つのアイテム集めたのですが、そのうち1つが某国産だったのですが
そのことにまだ触れていないのですが、これはなんかの伏線なんですかね。
せかっく持っていったのに、彼はそのことについてわりと無反応でした。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

初カルン。

カルン・ドゥームに行きたいと思っていましたが、いえろーで行ってきました。
奴隷の解放。
といっても最初の方をちょろっと見てまわっただけです。
きゃぷが先に入っていて、そのロックされたインスタンスに行ったので
敵もほとんど掃除されており、リポップしたと思われるのしかいません。

とりあえず、できそうなクエストやるかー、ということで奴隷の解放です。
何人か取り残されましたが、クエスト終わったのでそいつらは放置です。

ここの敵を倒すと、先日のパッチで追加された名声がもらえるのはいいですな。
経験値は入らなくても、何かがたまるって嬉しいもんです。

身内だけのカルンでした。
いつかじっくり行ってみたいものですな。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

ウルガルス

アングマールの奥深くにあるレベル50用のインスタンス、ウルガルスに行ってきました。
倉庫キャラで募集を見かけたので、キャラチェンジしたら募集が消えていたので
初インスタンスですが、募集消えちゃったので仕方がないと、LFF出して行きました。

リーダーってのは人集めて開いたむ拾うルール作っておいて
あとは知っている人についていけばまあおkなのです。
いちおうウルガルスの超簡易マップウルガルス攻略地図クラスクエスト収集品
のサイトで情報を知っていたので、まあ大丈夫だろうと思った次第です。

昼やってクエストが終わったと思ったら、続きのクエストがまたウルガルスで
夕方にもう1回行くはめになりました。
休日だからか行きたい人が多いのか、昼も夕方もサクっと人が集まりました。
人集まるまで待つのが嫌いなので助かります。

ウルガルス。
構成は昼は Grd,Cpt,Hnt,Bur,Lrm,Mns で、夕方は Grd,Hnt,Bur,Bur,Lrm,Mns でした。
どちらも適当に集めたとは思えない良バランスです。
ただ昼は、あと残すところ2ボスだけと言うところで
Lrmの方が回線の調子が悪かったらしく、LDしたまま戻ってこなかったので
あのカッコイイCptの人がブリーでフリーだったので、代わりに入ってもらいました。

ちなみにこのあとクママスクまで手に入れてさらにカッコよくなっていました。
先日のパッチで入った新システムの名声をかなり稼がなくてならず大変そうなのですが
さすがとしかいいようがありません。
オシャレに対する意識が僕とは段違いですな!

続きを読む

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

ついにレベルキャップ。

オープンベータから5ヶ月近く経ち、ついにレベル50になりました!
ついに50に。
イムラドでクエストをしていたときにレベルアップです。
上げようか上げないか悩んでいたのですが、ついに上げてしまいました。
というかみんな新しい場所でのクエストとかやっているので、人狼に人が集まらないのが
今回のレベルアップの主な原因だったと思います。

レベル50になって、経験値をもう稼がなくていいのですが
まだやっていないクエストがいくつもあるので、それもやってしまいたいですな。

とりあえず簡単になったというエピッククエスト8巻5章をやり
2ヶ月前のパッチの 「9巻イヴンディムの湖畔」 をちょろっとやってみました。

続きを読む

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

初イヴンディム。

Book10のパッチが入って、新しく追加されたクエストをやろうとのことだったので
フェローシップを組んで召喚されたら、そこはイヴンディムでした。
南の砂漠の方は回数無制限パイプを貰いに1回いったのですが
大きな湖を目の当たりにしたのはこれが初めてです。

新しいらしい野営地。
初イヴンディムがまさかこんなかたちでくることになるとは夢にも思いませんでした。
かなり虚をつかれた感じです。
まあでもせっかくなので観光がてら新しく入った名声システムに手を出してみようと思います。

はこぶ。
野営地から野営地までアイテムを運びます。
途中までは敵 (墓荒らしとか、しょっぱいの) のレベルも低くてすんなりといけたのですが、
アングマールの敵が出てくると、そこはもうレベル50近い敵だらけで
敵に囲まれながらの突破となりました。
1回でうまく全員がクリアできなかったので2回やったのですが、
2回目はみごと途中で死にました。
でもそのおかげかなんなのか、みんなクエストクリアーです。

きれい。
あと新しくできたという野営地でもらったクエストをやりました。
他にも人がたくさんいて混雑してる感がありました。
新しく追加されたところは人が多くてにぎやかでいいですな。

しかしこの古くはEQからある名声システム、またかなり大変なようですな。
レベルキャップ後は経験値ではなく名声を稼げ、ということなのでしょうが
どーもあんまり好きになれません。
ひと通りちょろっと手を出してはみようと思っていますが
長くは続けない予感がぷんぷんします。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

レベルが上がらない理由。

なんかすごいダラダラ書きましたが、もうすでに皆さんお分かりの通り
面白い文章を書こうとか、読んでためになるものを書こうとか
読みやすい文章を心がけようとか、意味のあるものを作っていこうとか
一切意識せずに書くのが、当ブログのいいのとろ (主に僕にとって) なので
せっかく書いたのでそのままアップです。

あと少し。
あと少しでレベル50になります。
けっこう前からこんな状態でしたが、人狼ばかりやっているのでレベルは上がりませんでした。


いや人がそろわなくて人狼できない日もあったので、そのときに上げてしまえばよかったのですが、
どうもなかなか上げる気になりませんでした。


レベル上げるのがもったいなく感じているのかもしれません。

小説でもゲームでも、僕はだいたい最後まで一気に進めてしまうのですが、
気に入ったものがあると、最後まで進めるのがもったいなく感じて
小説なら最初の方に戻って読み返したり、ゲームなら無駄に寄り道したりしてしまうんですよね。

最近あったのだとマザー3がそうでした。
WoWをやめてた時期にちょろちょろコンシューマのゲームやったのですが、
マザー3以外は後半ゲームを進めるのが面倒に感じてしまっていたのですが
マザー3は、ゲームが終わりに近づいてくると、それを感じてすごい悲しくなりました。
もうこの世界を冒険することはなくなるんだ、と。

メインのストーリーはあんま覚えていないのですが、あの世界は強烈に覚えています。
自分が子供で、でも自分より下の子供 (幼稚園くらい) がいてその子からは頼りにされていて
大人はほとんどの人が頼りにならない、もしくは利己的な人間が多い中
一部に信頼できる立派な大人もいて、そういう大人に遠めに守ってもらいながら
冒険していくという設定がすごく好きです。
この頃っていちばん冒険とかしたい時期です。
僕もあの頃の気持ちを思い出しながらプレイしていました。
そのあたりを自分と重ねるのが、おもしろいんでしょうなあ。

あとマザーはNPCがよかったです。
リアルと言うか大げさと言うか、「こういう人間いるな~」と思えるNPCが多いです。
ゲームにわざわざそんな人が出てくると、嫌いなタイプの人間でも、それが強く表現されてるせいか
つい面白く感じてしまうんですよね。
リアルに感じますが、現実には絶対にいません。
だからおもしろい。

メインストーリーはどうでもよかったです。
一般受け狙ったのか、よくあるドラマみたいだと感じました。
ただ、僕はあの世界観の中をずっと冒険していたかったです。

小説はマイナーだし、万人に全くオススメできないので、ふせで。
本屋にも即効で並ばなくなりました。


でもLotROは世界観が好きとかそういう理由でレベルを上げてないのではない気もします。
レベル上げてからもやることたくさんですからね。
というかとっととレベル上げた方が世界観を味わえると思います。
なので、レベルを上げない理由としてはちょっと違う気がしてきました。


クエストがソロ用でもフェローシップ組まないとクリアが難しい、
という理由で上がらなくなる人が多いようですが
しかし基本的に僕は自分でリーダーしたい派なので、
フェローシップが組めなくてクエストができない、と思ったことはありません。
知らないクエスト、インスタンスだとLFF出したくない、という人が多いようですが
僕はそういうの微塵にも気にしないのでLFF出してしまいます。
WoWで培ったゲーム能力です。

というか、僕でも一応最初ソロで現地監察に行き、そのあとLFF出すのですが
WoWではそれすらなかなかありません。
メンバーを集め終わった後
「で、このクエストどこのクエストだよ? 知ってるやついたら案内してくれ」
とか言い出すのが外人パワー。
しかもグループ全員クエストがわからず、Generalチャンネルで質問する有様です。
外人たのしい!

というかLotROではほぼ全員日本語が通じるので、WoWでは遠慮しがちだった
長時間かかるインスタンス (それでも2,3時間だけど) のLFGは避けていたのですが
LotROでは、LFFだしまくりです。
雑談にちゃんとついていけるって楽しいですよね!
外人の雑談は僕の知らない単語がわんさか出てくるので、翻訳ソフトで翻訳するのですが
やつらタイプミスは多いわで略語使いまくりだわで、翻訳も一苦労です。
しかも苦労して僕が何を話しているのか理解できたときには
話題が他のことに移ってしまっており、また知らない単語だらけです。
というわけで翻訳は諦めて、基本的にゲームの話しかせず
雑談はたまに 「lol」 と言うだけのほぼ無言プレイヤーでした。

日本語が通じるって素晴らしいですな!

モーモーモーモー。
そういえばWoWについにボイスチャットが導入されたようです。
ヒアリング能力無いのでPuGで参加がやばそうです。
DDOをやってみたものの、ボイスチャットでの会話が普通で
英語聞き取れなくて、やっぱやめたという話は何人からか聞きました。
WoWには日本人の友達ほとんどいないので、すごい戻りづらくなりますなあ。

まあでも
「Me hab nub english. plz type eazy english. plz plz!」
とでも言っておけば大丈夫でしょうか。
というかトロール英語も全然理解してません。


なんかたくさん書いたのになんでレベル上げないのか答えは見つかりませんでした。
レベルを上げることよりもだらだらしてる方が楽しいんです。
で、だらだらの逆にレベル上げがあるので、ダラダラしてると自分で思うためにも
レベル上げてないんでしょうな。

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

おちゃ

Author:おちゃ
Twitter:おちゃったー

Lord of the Rings OnlineのElendilmirサーバーで遊んでいるMinstrelです。
ロード・オブ・ザ・リングス オンラインのAeglosサーバーで遊んでいるミンストレルでした。
Warld of WarcraftではProudmooreサーバーで遊んでいるWarlockでした。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。