スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Mechanar。

Tempest Keep:The Mechanarに行ってきました。前回行ったTne Botanicaと同じ場所にあります。中の雰囲気も似た感じですが、Botは自然な感じがしましたが、こちらはちょっと機械的な雰囲気があります。
こぎれい。
構成はWar,Dru,Mage,Pri,Wlkです。このMageの人は何も言わずに水をくれたので素敵です。

BEとメカ。
MobはBEとメカ、デーモン系のMobが主流でした。大体四、五匹のEliteで固まっているので、Mageと僕で二匹CCしDruの人がOTを勤めました。
雑魚よりちょっと強いだけ。
まずはフロアの両脇にいるボスを倒します。このボスはボスといってもおまけみたいなボスで全然強くありませんでした。普通に戦って普通に勝てる感じです。
Dru向けブーツ。
この二匹のボスが落とすアイテムを使うと箱が開けられるようになります。中にはDru向けのブーツが入っていましたが、いらないようなのでDEされました。
メカボス。
最初の本格的なボスMechano-Lord Capacitusです。階段の近くまで引っ張り、タンクは下で、近接攻撃のDruは荷物みたいなのの上で、他の遠距離クラスは階段の上で戦いました。良く分からなかったのですが、なんか楽になっていたのでしょうか。ボスは二種類のバリアを使ってこちらの攻撃を跳ね返してきます。赤く光ったときは物理攻撃を、緑に光ったときは魔法攻撃を跳ね返してきます。とにかく、攻撃を跳ね返されないように注意しました。
ヒーラー向けメイス。
ヒーラー向けのメイスです。Priの人が 「いいOffhandがないからいらない」 と言っていたのですが、他に欲しい人もいないから持ってけ、ということになりました。
BEボス。
最初のボスがいた部屋の奥にあるエレベーターを上ると、すぐににばんめのボスNethermancer Sepethreaがいます。こいつはファイアエレメンタルを二匹召還してきます。この二匹のエレメンタルはダメージを当てられず、またグループの誰かをランダムで攻撃してきます。幸い足は遅いのでエレメンタルにターゲットされた人は、走り回って逃げ、ダメージを受けないようにします。それが分かれば結構簡単に倒せたと思います。んがこのボス戦の最中、僕はWoWのクライアントがエラーで落ち、戻ってきたら僕は死んでいました。なんか面白そうなボスだっただけにかなり残念なことになりました。
投げ武器。
BCで大きな変更があった投げ武器です。昔LBRSでいらない投げ武器がガンガン落ちてたのを思い出します。今のは色々な効果が付いてていいですな。
二階部分。
にばんめのボスを倒し、扉をくぐると空中を歩く道があります。下は一番目のボスがいた部屋でその上を進んでいきました。現代建築のアレみたいな感じで雰囲気がかなりいいですな。
一番奥に。
この空中回廊は敵と三連続で戦うことになります。まずは三人のBEが、倒すと間髪入れずにメカが一体、メカを倒すとまた三人のBEといった感じで、これが二回続きます。二回目の最後のBEを倒すとボスが出現し、そのまま連続でボス戦となるためかなりハードな感じです。んが僕たちはこの二回目最後のBEたちでWipeしてしまいました。SSがあったので復活全快、そして倒しそこなったBEを倒しボス戦です。おかげで簡単にボスを倒すことが出来ました。
キャスター向けマントとMageの帽子セットアイテム。
ドロップはキャスター向けマントとMageの帽子セットアイテムでした。Mageの人が帽子をゲットし、他に誰もいる人がいなかったので、僕がマントを貰いました。

クエストもクリアし、Tempest Keep最後の五人用インスタンスThe Arcatrazの鍵が完成しました。Arcにはクエストが結構あるのですがなかなかハードなところらしいですな。でも早く行ってみたいところです。

テーマ : World of Warcraft
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おちゃ

Author:おちゃ
Twitter:おちゃったー

Lord of the Rings OnlineのElendilmirサーバーで遊んでいるMinstrelです。
ロード・オブ・ザ・リングス オンラインのAeglosサーバーで遊んでいるミンストレルでした。
Warld of WarcraftではProudmooreサーバーで遊んでいるWarlockでした。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。