スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2巻をレイドで。

キンシップの人が暇そうだったのでストーン・スピーカーという人を探しました。まあわりとサクっと見つけたのですが、続くクエストがレベルの高いフェローシップ用クエストだったので、全然進めていなかったエピッククエスト第2巻を終わらせるため、一緒に進めてみました。
鎧を染めてもらった。
2章まではソロでも出来るクエストなので簡単に終わらせました。途中エリートの幽霊がおり、こいつを倒そうとしたら見事リポップした幽霊がAddしやられました。このエリート自体も雑魚幽霊を召喚してくるわで大変でした。
3章はこのエリート幽霊を倒せ、という指令だったので、ふたりでは大変そうだったので人を集めてやることにしました。6人集まらなかったのですが、まあ少人数でもいけるだろうとのことで、やってみることに。
で、人を待っている間、4人くらいの集団が同じようにエリート幽霊退治に手をこまねいていたようで、「共闘しない?」 という話を持ちかけられました。もちろんこのアイデアに乗り、合計10人のレイドを組んでみました。初レイドだったので、チャットのフィルターにレイドが入っておらず、その設定をこそこそやりながらも、無事レイドを組むことに成功です。
初レイド。
そしてエリート幽霊をガンガン狩りました。数の力! ということで幽霊はあっさり倒すことが出来ました。しかし幽霊の落とすアイテムを拾えるのは、片方のフェローシップだけで、しかも落としたアイテムはクエストジャーナルにカウントされていませんでした。レイドではクエストは出来ないのでは? ということでいったん解散し、レイドは組まずふたつのフェローシップで交代に幽霊を倒していくことにしました。会話は他に手段がなさそうなのでSayで行いました。チャットチャンネルが作れればよかったんですけどな。レイドでクエストアイテムを手に入れてたチームは、1個拾った瞬間にレイドで拾った分もカウントされたりして、いまいちレイドとクエストのシステムが分からなかったのですが、無事クリアでした。
幽霊を助ける。
人数多くて面白いじゃない! ということで、そのままみんなで先に進めることにしました。幽霊のボスを退治するクエストもありましたが、数の力でサクっとくりあです。しかしレイドではなくフェローシップふたつで進んでいると、もう片方のフェローシップの士気の具合が分からずヒールするのが大変ですな。特にタンクをするGRDさんが別チームだったので、何度か殺しかけてしまいました。
インスタンス。
最後はインスタンスです。ここはフェローシップごとに別れてしまうので、数のパワーで乗り切れません。しかしこの状況が面白かったのか、2回に分けて全員がクリアできるように手配することに。2回目は自分の分が終わってやる気なくなる人いるかな、と思ったのですがむしろみんなやる気のようで、抜ける人を決めることに困りました。
とりあえずレベルの高い人優先でいってみたのですが、誘えなかった人はやる気があったのに申し訳なかったですなあ。

こんな感じで2巻を終わらせることができました。ぶっ通しで3時間くらいかかったような気がします。ヘトヘトになりましたが、とても面白かったです。またこんな感じのやりたいですなあ。

ちなみに2巻は原作ではちょっとしか語られていない、お人好しなあの方がでてきます。インスタンスでご一緒するのですが、たまにヒールしてくれるくらいで全然役に立ってくれませんでした。原作通りですな!

テーマ : ロード・オブ・ザ・リングス オンライン
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おちゃ

Author:おちゃ
Twitter:おちゃったー

Lord of the Rings OnlineのElendilmirサーバーで遊んでいるMinstrelです。
ロード・オブ・ザ・リングス オンラインのAeglosサーバーで遊んでいるミンストレルでした。
Warld of WarcraftではProudmooreサーバーで遊んでいるWarlockでした。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。